頭おかしくなって大事なモノまで失わないようにしましょう・・・

精神障害


こんにちは!
精神障害者のとらじです。


最近のコールセンターは
一風変わっているようで、

番号とかを復唱する時に
「メキシコのM」とか1つ1つ言うみたいです。


面白かったのは「ゼルダのZ」ですね。


平成生まれの新卒かな?(‘ω’)

【話題のツイート】


今回の内容は平成の懐かしいもの・・・

自分の大事なものを失う前に
読んで欲しい内容です。

【前回の記事▼】

精神障害と自覚しない内に起きたこと


自分がおかしくなってることに
気づけないのが、精神障害です。



以前に以下のような記事を上げました。

ここでは、全く片付けが
できなくなってしまったという
内容が入ってます。


片付けができなくなってしまった・・・

自覚がなかった頃の私は
部屋がゴミ溜めになって1ヶ月すると
一気に捨てたりして200リットルくらい
排出してました(笑)


そうしてスッキリして安心はするのですが、
1週間もするとあっという間に
元のゴミ溜め部屋に戻るのです(;´・ω・)




どうしてこうなるのか
原因は全く分かりませんが、


当時の私はこれが自分なんだ。

元々こうだったと思い込んでしまいました。



でも、本来の私は片付けとモノの区別も付く人間でした。



変わってしまったのです。
自覚できない内に・・・


そう、モノの区別もできなくなってしまったのです。


生きてるうえで何が大事か
フォルダ整理もできません。


そのおかげで私は大事なモノ

自分の昔から取っておいたものを
捨ててしまったのです。


「とにかく部屋の片づけをしないと」
そう思ったら、

今使ってないものを
全て捨ててこうと考えてしまい

気づけばほとんど無くなってました。



写真をキレイに撮れる時代だから、
写真だけは撮ってたのを発見しました。



大事にしてたモノは▼
※基本、小学生の頃のものです。
 他にもあったかもですが・・・

・ポケモンカード1000枚以上

・ポケモンパッチン100枚

・デュエルマスターズカード約400枚

・遊戯王カード約200枚

・ゲームの空箱

・図工の工作

・クリアファイル

・服300リットル

撮ってあった写真▼



※上のクリアファイルの山積みは
 思い出というよりかは、
 仕事で色々あって持って帰っていたら
 溜まりに溜まってました(約70枚)


もっときちんと写真を細かく
撮れてたら良かったです。



ゲームの箱もこれだけじゃ全然ないですし、
カード類も1枚目に探せばありますが、

箱だけ写ってる感じになってますし・・・


服については2回くらい処分しており、
1回目はそのまま200リットル捨てました。

2回目は親に「いらない服あったら連絡頂戴」
と言われてたのを思い出して、

連絡したら実家に全て
持って帰ってもらうことになりました。


ちなみに、GW中に実家に泊っている際に
明け渡した服を着たわけですが、

よくよく聞くと、親や家族から
特別にプレゼントされたものがあり、

それを「いらない」
言ってしまった自分に酷く後悔してます。

後日、その分だけでも持って帰ります。


1回目にもそのような服があったと
考えると恐ろしいですし、

もう頭おかしくなりすぎて、
どんな服を持ってたかさえ思い出せません。


本当に残念でならないです(;´・ω・)

失ってから気づくモノの大切さ・・・


GW期間中に親と話していく内に
自分の思い出が蘇り涙が出ました。


とても後悔の念が押し寄せてきました。
それで今ブログに書いてます。



懺悔のつもりです。
大事にしてたモノたちへの

形に残ってた思い出を失いたくない
そんな一心で書いてます。


確かに自分の部屋は
おかげさまでキレイになりました。


でも、何かポッコリと穴が空いたような感じな気がします。



本当に時間を戻せるものなら
もう少し区別をつけて断捨離?
したかったです。



一度捨ててしまったものはもう元には戻せません。



あなたにも大事なもの
沢山あることかと思います。


それを自分が気づかない内に
捨ててしまわないように

断捨離する時の自分が
本当に正常であるべきかどうか
改めて検討してみてください。



モノを捨てるかどうかの前ですよ!
自分が異常じゃないかどうかです。



ちなみに、ポケモンカードは
捨てた1ヶ月後にYouTuberが流行らせました。


そのため、私のTwitterのポケモン垢でも
流行って、何で捨ててしまったんだろう
という後悔がスゴいです。



皆さんもこのようなことがないよう
気を付けてください。


では、またお会いしましょう!
次回もお楽しみに(^^♪

【次回の記事▼】


【前回の記事▼】


コメント